Treasure Map

システムサーバーグループの最新情報や社員のことをご紹介いたします!
皆さんの夢をかなえるお手伝いができたら、とてもうれしいです。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
私が携わっている業務のご紹介 その
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Treasure Map 2017 vol.8
【私の業務をご紹介します!】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは!採用活動委員の馬渕です。
先週、新人歓迎会がありました。
新入社員の元気な自己紹介から始まり、社員同士久しぶりの歓談に時がたつのを忘れるくらい楽しかったです!
新入社員の方と一緒に働けるのが今から楽しみです!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、今回は若手社員の「Aさん」より、
現在携わっている業務について紹介していただきます!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Aさん>
こんにちは!
今回は私の業務について、紹介をさせていただきます。
私はとあるコールセンターの端末システムに関する保守業務に従事しております。
コールセンターって、電話の向こう側でお姉さん(偏見)が電話で応対しながら、
パソコンをカタカタしているイメージだと(少なくとも自分は)思うのですが、
そのカタカタやっているシステムをより良く、使いやすくするために頑張っております。
業務では主に「C#」と「Java」を使ってますが、要件によっては他の言語を使うこともあります。

やっていて楽しいと思うのは、自分の知らない所にどんどん触れることができる所ですね。
今携わっているシステムはそれなりに大規模で、システム内の様々な部分に対して
「この辺りを直して」「こんな機能を追加して」といった案件が出てきます。
今までやったことのない作業内容であることも少なくなく、
それらを楽しみながら仕事ができる所が良いと思います。

最近はいわゆる「本番作業」と呼ばれるような作業をやるようになってきました。
実際にシステムを使っている所に手を加えて、おかしなデータを修正したりするのですが、
ほんの少し手順を間違えただけで多大なご迷惑をかけてしまいかねない作業なので、
それはもう心臓バックバクにして、とてもとても慎重にやっている所です。
これもこれで楽しい所ではあるのですが。

思っていた以上に色んなことが出来る仕事です。
粛々と作業をしているような思わぬところに、重大な仕事が降ってくることもあります。
勿論知らない内容であればそれを理解することも、そのための手間も必要ですが、
そんな過程をも楽しめる人であれば、きっと楽しくやっていける仕事だと思います!

-------------------------------------------------------------------------

Aさんの業務紹介はいかがでしたでしょうか?
私からみていても、Aさんは日々楽しそうに仕事をしています。
それもあってか、どんどん知識を吸収しており、今ではとても頼れる存在です!
私も負けていられません・・・!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
システムサーバーグループへの入社理由 その
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Treasure Map 2017 vol.7
【私の入社理由】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは!採用活動委員の馬渕です。
新年度を迎え、早くも2週間が経ちました。
4月から新しく出会った人たちとも徐々に慣れてきて、
一段と活気に溢れた日々を過ごしていることかと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、今回も前回に引き続き、私がシステムサーバーグループに入社した理由をご紹介いたします。

私が入社した理由、経営指針や業務内容といったことは勿論なのですが、
決定づけられたのは、社員の方々の会社に対する思いです。

就職活動をするにあたって、企業ごとの紹介ページや評判、
説明会への参加など、いろいろなツールを使用して
企業の情報を仕入れていくと思います。

その中で私が力を入れたのは、説明会への参加およびブログなどを通して、
社員の方々から生の声を聞くことです。
どのような社員の方々が働かれているのか、雰囲気はどんな感じなのか、
少しでも多く知るため、積極的に社員の方との会話を行いました。
直接会話をすることで、会社の雰囲気など文字で見る情報以上に
色濃くリアルな情報を知ることが出来ました。

結果、システムサーバーグループに興味をもってから、入社決定に至るまでの間で、
本当に多くのかたとお話をさせていただくことができました。
業務に対する情熱、会社が好きでもっと盛り上げていきたいという気持ちが、
どなたの話からも伝わってきて、話を聞けば聞くほど、
私もこの輪に入って一緒に仕事をしたい!という思いが強くなっていきました。

以上が私が入社したいと思った理由となります。

社員の方々と話すことで、サイトや説明会で話を聞いているだけではわからない、
その会社の新たな魅力にも気づくことができるかもしれません。
チャンスがあれば積極的に会話をしてみてはいかがでしょうか。

また弊社では、多くの社員がサイト上に紹介文を掲載しております。
どんな社員の方がいるか知るいい材料になるので、是非参考にしてみてください!
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
システムサーバーグループへの入社理由 その
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Treasure Map 2017 vol.6
【私の業務をご紹介します!】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは、採用活動委員の八田です。
最近ようやく昼間以外も温かくなって過ごしやすくなりましたね。
説明会に足を運ぶいい時期なのでぜひ積極的に参加してみてくださいね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、今回は私がシステムサーバーグループに入社した理由をご紹介します。

私がシステムサーバーグループに入社した一番の理由は「成長シート」です。
「成長シート」とは、成果や技術力など各指標に基づいて
半期ごとに自分の成長を上司と共に確認するツールです。

私は「成長シート」というツールがあれば、
自分の苦手な部分を明確にでき意識もしやすいので、
それらをしっかり改善していくことができると思いました。

入社して実際に「成長シート」に触れましたが、
シートに起こしてみると実は技術力以外にコミュニケーション力にも、
注力する必要があると気づき今は広い視野での成長を意識しています。

また、「自身と上司で確認する」という点にも改めてメリットを感じています。

「成長シート」には決めたれた指標がありますが、
中には数値で機械的に決められない項目もあるので、
最初のうちは指標そのものの認識がズレてしまうこともあります。

この「認識の違い」というのはトラブルの原因の一つですが、
「成長シート」では必ず「自身と上司で確認する」ため、
上司に一つ一つ考え方や観点を教えてもらえます。

その上で、自分の目標や成長の道筋を決めていくので、
安心して日々の業務に取り組んでいくことができると感じています。

いかがでしたでしょうか?
この記事を読んで「成長シート」に興味を持った方は、
ぜひ会社説明会でより詳しい話を聞いてみてくださいね。

最後に就活生の皆さんに自分なりのアドバイスを送りたいと思います。
私は入社理由を「入社後に会社の制度をどう活かせるか」という視点で考えました。
「内定」をもらうことに意識が向きがちになってしまうかもしれませんが、
一度しっかりと自分が「入社後」、どういうふうに活躍できるのかを考えてみると、
より自分がその会社で働くイメージや志望する理由が明確になり良い自己PRにもつながると思いますよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
私が携わっている業務のご紹介 その
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Treasure Map 2017 vol.5
【私の業務をご紹介します!】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは、採用活動委員の堀田です。
4月になり、新年度が始まりましたね。
私は社会人2年目となり、もっと頑張らないとなぁと感じています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さて、今回は私が現在携わっている業務についてご紹介します。

私は現在、電力会社様の勤怠管理システムの保守作業に携わっています。
保守というのは、既存のシステムをお客様の要望に合わせて改善したり、バグを修正する仕事です。

私が業務で使用している言語は、「PL/SQL」です。
PL/SQLというのは、SQLというデータベース言語に、
プログラムに必要な変数や関数などを追加した言語です。
私は業務でPL/SQLを使って、データベースにデータを登録したり、データを抽出したりしています。

しかし私は、業務でPL/SQLに触る前まで、全くPL/SQLについて知りませんでした。
なので、まずはPL/SQLについて勉強をするところから始まりました。
最初の頃はソースコードの解読に苦労することが多かったですが、
分からない点を先輩方が親切に教えてくださり、とてもありがたかったです。
そのおかげで、プログラムの工程の業務をいくつかこなすことができました。

プログラム工程の他にも、詳細設計書の作成や、単体テストの実施にも携わりました。
皆様はプログラマーと聞くと、仕事中、常にプログラムを書いていると思われるかもしれません。
しかし、設計書、テストケーステストエビデンスの作成など、資料を書く機会も多くあります。
そういった資料を作成する上で重要なのが、相手に伝わりやすい資料にすることです。

私は、相手に伝わりやすい資料を作るのが苦手で、資料を何度も修正しながら作業をしています。
それでも、レビューの場で自分の作った資料をお客様に説明し、
相手にきちんと伝わると、達成感のようなものを得られます。


私は社会人2年目で、まだまだ分からない点も多く、毎日が勉強です。
これから社会人になる皆様も、今後、分からない点がたくさん出てくると思います。
そんな時は不安がらず、分かることから一歩一歩進んで行ってみてください。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
RECENT COMMENTS
MOBILE
PROFILE