Treasure Map

システムサーバーグループの最新情報や社員のことをご紹介いたします!
皆さんの夢をかなえるお手伝いができたら、とてもうれしいです。
<< July 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Treasure Map便り vol.134 【就活のメールマナーについて】
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

Treasure Map便り vol.134 【就活のメールマナーについて】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは。採用活動委員の柴田です。
私は就活をしている際に企業の方からメールについてアドバイス頂きました。
印象に残っているので、今回は就活時のメールマナーについてお伝えいたします。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

私は就活を初めたばかりの時、様々な企業の説明会に足を運んでいました。
ある日、とある企業の説明会を無断欠席してしまい、謝罪のメールを送りました。

件名に自分の名前を書き、本文には
「会社説明会を無断で欠席してしまい申し訳ございませんでした。」
とだけ書いて送信しました。

その後、企業の方からメールの返信があり、
そこには「都合が合えばまた申し込みをしてください」という言葉と、
なんと、メールの書き方についてのアドバイスを書いてくださっていました。

私はとても失礼なメールを送ってしまったと感じました。
就活が始まると企業にメールを送ることが多くなると思います。
ですので今から失礼のないようメールマナーを身に着けておくとよいと思います。

最低限必要なポイントは以下の通り。
どれも難しいことではありませんので、ぜひ取り入れてみてください。

1、件名には要件、大学名、自分の名前を書く
  タイトルは一目で内容がわかるように工夫します
  (例)【お詫び】会社説明会の欠席について ○○大学 山田 太郎

2、本文の頭には宛先を書く
  相手の社名や役職は省略せずに正式名称で書きましょう
  (例)「株式会社システムサーバー 総務部 ○○様」

3、本文のはじめには挨拶と自分の所属・氏名を書く
  (例)いつもお世話になっております、○○大学の山田太郎と申します。

4、本文の最後に署名入れる
  あらかじめ作成して登録しておくと便利です
  (例) ------------------------------------------------
   ○○大学 情報学部 3年
      山田 太郎 (やまだ たろう)
    Tel:080−×××−×××
    Mail:○○○○○○ @○○○.com
  -------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?
これだけでも、ぐっと見栄えが良くなりますし、
何より相手に失礼な印象を与えないメールになると思います。

もちろん、場面によってそれぞれ書き方は変わってきますので
時間があるときにいろいろと調べてみるといいと思いますよ。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
Treasure Map便り vol.133 【1年間の業務を振り返って】
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 Treasure Map便り vol.133

  【1年間の業務を振り返って】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは。採用活動委員の浅野です。
今年ももう7月です。1年の半分が過ぎてしまいました。
4月に入社した新人も3カ月の研修を終え、それぞれの業務に取り掛かっている事でしょう。
2年目社員の私も、研修を終えてから1年間業務に従事してた事になります。
そこで今回は、これまで業務に当たってきた1年間を振り返ろうと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

新人研修が終わってから間もなく、私はあるプロジェクトにアサインされ、
とあるシステムの開発の仕事に取り組んでいました。

最初こそ、現場の雰囲気や仕事で使う言葉の意味などが全然分からず、
しどろもどろしておりました。
特に、配置されてからすぐは、開発環境に慣れるのが一番大変でした。
しかし、現場のチームメンバー、先輩方のフォロー・指導もあり段々と慣れていくことができ、
気がつけば、与えられた仕事をしっかりこなせるまでになりました!

この現場で思ったこととしては、困ったことがあればメンバーの方に尋ねること。
でもいきなり尋ねるのではなく、5分くらいでも自分で考えてから聞くこと。
そして、メンバーの方々から注意を受けたら、それを真摯に受け止めることですね。
未だ至らぬ身でありながら、メンバーの一員としてしっかり貢献できたような、
そんな手ごたえを感じられる現場でした。

その後はプロジェクトを離れ、別のプロジェクトにアサインされることとなりました。
現場が変わった事でいろいろな事が変わりました。
まずメンバーが変わりますので、雰囲気や勝手も変わってきます。
開発環境も変わるので、まずそこに慣れることが大変でした。
もちろん先輩方やメンバーの方に助けていただき、
とても楽しく業務に取り組むことができます。

今もこのプロジェクトに取り組んでおりますが、
困ったことがあれば聞くこと、その前に少しだけでも自分で考えること。
のスタンスは変わっていません。
ただ、段々と自分で考える頻度が上がってきた気がします。
与えられた課題、状況に対して自分なりに考えを持つようになってきました。
1年間を通して、自分で成長したのかなと特に思ったのがこの点です。

----------------------

長々と自分語りをしてしまいましたが、
この1年間の業務を通して、自分なりに成長できたと実感しています。
1年前までは全く無かった自信を、今では少しでも持てる気がします。
業務に限らず、さまざまな事に対して自分の考えを持つことは大事です。
これが自信につながることもあります。そうでなくても経験になります。
自分も、これを読んでくださっている方も、自分の考え方を持つことで成長していただけたら幸いです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
RECENT COMMENTS
MOBILE
PROFILE