Treasure Map

システムサーバーグループの最新情報や社員のことをご紹介いたします!
皆さんの夢をかなえるお手伝いができたら、とてもうれしいです。
<< May 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
新人社員研修について
こんにちは採用活動委員の柴田です。

システムサーバーのHPがリニューアルされました。
すごくきれい星になっています。
それはさておき、新入社員が入社して1月半ほど経ちました。
そうです、現在新入社員の方は新入社員研修の真っ只中です。

私は入社2年目ということで、
新入社員研修は記憶に新しい方ではあると思います。
そこで、私が去年受けた研修の感想を少しお話しようと思います。

HPにも記載されていますが弊社では、
導入研修と技術研修を行ます。

導入研修としてセキュリティ教育、ビジネスマナー等の研修を行います。
IT企業として、セキュリティにはとてもとても気を付ける必要があります。
また、お客様接する機会も多いのでビジネスマナーも重要です。
就職活動をしている方でマナーについて勉強している方も多いと思います。
しかし、本当に社会人になってみないとわからないことも多いです。
わからないことだらけでした。注意を受けることもありましたが、
導入研修を含め、3か月の研修を通して社会人としての基盤のようなものを学ぶことができました。

ちなみに一番難しいと感じたのは電話の対応でした。冷や汗

技術研修としては、4月にはSQLの習得を行います。
個人的には一番苦戦したと思います。冷や汗
最初の技術研修ということで、不安が大きくありましたが、
最後まで先輩からのサポートがありました。楽しい
資格も取ることができました。グッド

5月にはCOBOLの研修を行います。ちょうど今がCOBOLの研修を行っているところですね。
SQLの研修とは変わり、仕様書、設計書を見てプログラムを組立、
テストを行いました。
わかないところは理解できるまで教えていただけました。
一通り作業の流れを行ったので、この研修で自分の作流れ業の進みを把握して報告することや、そして問題を解決することを学んだと思います。グッド


6月にはJava,JSP/Servletの研修をします。
こちらはJavaの勉強をして、実習として設計書の修正、プログラムの修正、
テストを行い、最後にはソースコードのレビューを同期全員で行いました。
それぞれの工程でしっかりと先輩にレビューをしていただき、
一つ一つわからないところを教えていただけました。

このように先輩からのサポートがとてもしかっりしていました。
技術面以外でもたくさん学ぶことができたと思います。
充実する3ヶ月であったと思います。
Treasure Map便り vol.131【面接について】
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 Treasure Map便り vol.131

  【面接について】

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

こんにちは。採用活動委員の浅野です。
今年から3月開始となった就職活動ですが、
そろそろ面接まで選考が進んだ企業もあるかと思います。
そこで、今回は就職活動の本番とも言うべき
「面接」についてお話したいと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

面接とは就職活動において必ずと言っていい程訪れる局面です。
企業も数多くあれど、面接をせずに採用する所は多くないでしょう。
(無いとは言い切れませんね^^;)

かくいう私も何度か面接を受けてきました。
その経験上で、こうしたから上手くいったかなと思ったこと、
逆に失敗したなと思ったことをざっと挙げようと思います。
ただ、あくまで私個人に関する内容ですのでそのあたりはご了承ください^^;

では先に、失敗したなと思ったことから。

・一般論や綺麗事を話す

 面接で少しでもいい印象で見て貰おうと、
 綺麗事を話したことがあります。結果は惨敗でした。
 慣れないことはするべきではありませんね。
 一般論や綺麗事は多くの場合において「自分の言葉」ではありません。
 そんな事を話しても面接官が良い印象をもつとは考えにくいです。

・面接直前に他の企業から選考結果通知を見る

 面接を受ける直前で他の企業から選考結果のメール着信が!
 そんな経験が私は2回あります。
 結果はいずれも不採用でした。残念です。
 さらに悪いことに、その後受けた面接にも響いてしまいました。無念です。
 面接直前に結果通知を見るのは少々危険です。
 面接が終わってからの方が無難ですね。

失敗談ばかり並べても暗くなる一方なので、次は成功したなと思った事を。

・自分の考えをハッキリ話す

 失敗談と対になります。
 一般論・綺麗事よりも、自分の意見を素直にハッキリ話しました。
 自分本来の考えというものは思っていた以上に言葉になって出てきて、
 その後の面接は殆ど良い結果を得られました。
 しっかり自分の考えを言葉にできれば、たとえ残念な結果になったとしても、
 「この会社とは考えが合わなかったんだな」と引きずる事なく次に進むことができます。

・失敗してもめげない

 これが一番大事だと思います。
 面接に限らず、書類選考、筆記試験、GDなど、就職活動は失敗する機会が多いです。
 失敗すると心にきます。こうなると後々の活動にも影響を与えかねません。
 そこであまり結果を重く受け止めず、
 「仕方なかった」「次は頑張ろう」など軽く流して気を強く持つとよいと思います。
 めげずに続けていれば、いつか何とかなります。
 というのが私の経験談です。

ざっと、こんなところでしょうか。
あくまで私個人の体験に基づくものですので、
ほかの方にお伺いすれば様々な答えが返ってくると思います。
色々なお話を聞いたり、自ら体験したりして成長して
納得のいく就職活動ができるよう応援しております!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
RECENT COMMENTS
MOBILE
PROFILE