Treasure Map

システムサーバーグループの最新情報や社員のことをご紹介いたします!
皆さんの夢をかなえるお手伝いができたら、とてもうれしいです。
<< November 2011 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
【現場のリーダーとしてこんな事しています。】
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

  Treasure Map便りvol.88

   【現場のリーダーとしてこんな事しています】

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

こんにちは、採用活動委員の豊田です。
今回は、現場でのリーダーとして活躍されている社員の方に
どんな仕事をされているのか聞いてみたいと思います。

今まではメンバーとしてどんなことをやっているのか紹介させてもらいましたが、
リーダーともなると
日々されている内容が全く異なるのでとても為になると思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Oさん>
 こんにちは、第1システム部のOです。
 現在は副主任という役職のもと業務を進めています。

 役職者になると一般社員だった頃と比較して、
 様々な調整ごとを行うことが多くなりました。

 例えば、プロジェクトの要員管理やお客様との調整など、
 プログラムや業務の知識以外のスキルを使う機会が増えてきました。

 「IT業界への就職というとでプログラミング能力が全て」
 と思われる方もいるかもしれませんが、
 プログラミング能力や業務知識と同等以上に
 コミュニケーション能力をフル活用しているのが私の現状です。

<Oさん>
 第3システム部のOです。
 私は現場のリーダーの立ち位置ではないので、
 現場の先輩という視点でお話させて頂きます。

 私はシステム開発で約2年、
 開発したシステムの保守で約2年現場で作業を行ってます。
 保守の作業に入ってからは、後から入ったメンバや後輩に対して、
 システムや開発環境の説明をしたり、
 システム改修時のアドバイスをしたりしています。

 リーダーではないので管理等については話せませんが、
 こういった形でプロジェクトのメンバと作業を行っています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

リーダーともなると、自分自身の仕事だけではなく
部下の管理やお客様との調整が多くなってくるみたいですね。

第3システム部のOさんはリーダーでは無いとはいえ、
後輩が入って技術知識のみでなく、業務知識も教えられているみたいです。
私も経験したことですが、
技術知識があったとしても業務知識が無いと出来ないことは多くあり、
こうして教えてくださる先輩にはとても感謝をしています。

次回は、社員が語る当社の魅力!!について送ります。

【誰でも最初は1年生。今はこんな仕事をしています!】part2
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

  Treasure Map便りvol.87

   【誰でも最初は1年生。今はこんな仕事をしています!】
                         part2

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

こんにちは、採用活動委員の豊田です。

今週から本格的に寒くなり、気温が一桁が当たり前になってきましたね。
急激に変わっているので体調を崩さない様に気をつけましょう。

今回はpart2と言うことで前回に引き続き同じ内容で
違う方に聞いてみました。
今年3年目の社員の方です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Yさん>
 自分は文系採用であったため、
 同期と比べるとやはり基礎知識では劣るところがありました。

 ですが、そんな自分でも先輩方は自分が出来るようになるまで
 懇切丁寧に指導していただき、
 今では一通りの作業をこなせるようになりました。

 技術スキルは当然のことですが、
 仕事のやり方も一から教えて頂いたので
 他の現場にでたときに何度も救われました。
 (作業の進め方、問題が発生した際の対処の仕方、質問の仕方etc)

 ただし、あくまで自分から行動し質問することが必要です。
 それができさえすれば答えてくれる先輩社員は沢山います。
 「最初は出来なくて当たり前」である以上、
 「自分が将来できるようになるため」に
 行動できることが重要だと思います。

<Iさん>
 第3システム部のIです。入社3年目です。

 私は今コンピュータリテラシーの低い方でも扱いやすい
 ユーザインタフェースを提供するアプリケーションを開発する
 プロジェクトに携わっています。

 作業内容としては、直接お客さまと打ち合わせを行い、
 意見を出し合いながら設計を行っています。
 今ではお客様の信頼も得ることができ、入社当時に比べて
 成長したと実感しています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Yさんは基礎知識では劣ると言われてましたが、
それを補うために自分から行動されていたようですね。
「自分から行動することが大切」
このことは皆さんは当たり前と分かっているでしょうが、
頭でわかっていても実際に行動することは大きく違っていました。
人に恵まれるというのは、とても嬉しいことです。
せっかく来たチャンスを逃さない様な自分でありたいですね。

お客様との打ち合わせから設計まで行っている。
3年目にしてこの作業を行えるのは、周りから認められたからですね。
認められるには毎日の積み重ねが大切ですが、
磯貝さんのようにお客様からも認められる人になりたいですね。


次回は現場のリーダーに聞いてみたいと思います。
【誰でも最初は1年生。今はこんな仕事をしています!】part1
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

  Treasure Map便りvol.86

   【誰でも最初は1年生。今はこんな仕事をしています!】
                         part1

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

こんにちは、採用活動委員の平野です。

この所、週末雨になることが多いですね。(先週は良いお天気でした。)
今週末もお天気悪そうですね。
個人的にイベントのある私にとっては、
お天気になる事を祈るばかりです。

さて、社会に出てちゃんと仕事ができるか心配される学生さんが多いようです。
でも、そのような心配は無用です。
一歩一歩、成長していけばいいんです。

これから紹介する社員も、確実に自分の成長を実感しているようです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Hさん>
 初めまして、第3システム部のHです。
 入社して3年半が経ちました。なので入社4年目ですね。

 電話対応でビクビクしていた頃が懐かしいです。
 初めてプログラマとして作業をした頃は、
 自分の作成したテストケースのレビューを何回もしてもらいました。
 修正いっぱいのテストケースを作っていた自分が、
 今ではレビューする側になっています。(認めてもらえたと実感!)

 他にも、後輩の面倒、お客様との打ち合わせへの同席など、
 着実にできることが増えています。
 今の目標は、後輩の面倒を見るだけではなく、指導ができるようになることです。

<Yさん>
 第2システム部のYです。

 現在入社2年目。先日までお客様の下で基幹システムの運用を行っていました。
 基幹システムとは、
 お客様の業務やサービスに直結しているシステムの事です。
 また、システム運用という業務は、
 簡単に言うと日々同じ作業をするルーチンワークです。

 しかし、一見単純に見える作業でも、
 お客様のデータを扱っているのでどんなに小さなミスも許されません。
 急な依頼作業が舞い込んできても、
 安全第一で確実な作業を行う事が最優先でした。

 この現場に入ってから1年と少しでしたが、
 単純な作業を安定して継続する事が
 いかに難しく・重要であるかを理解した1年になりました。
 つらい時期もありましたが、
 充実し、非常に良い経験ができた1年であったと感じています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

最初はできなくても、どうしたらいいか学び考えることで成長出来ます。
失敗を怖がる必要もないですよ。
「失敗も勉強のうち」 とよくいったもので、
失敗した方が、その理由を考え失敗を学びに変えることができます。
一つ一つ積み重ねることで成長できます。
自分の成長が実感できると、嬉しいですよね。

次回は、par2として他の社員の紹介をします。
友達は大事
こんにちは。

秋も深まり、肌寒く感じる日が多くなりましたね。
去年(社会人1年目)は10月の初旬にもらったばかりの有休を
風邪で2日も消化してしまいました。
(・・・学生の時はめったに寝込むような風邪になったことがないのに。)

今年はそんなことがないようにと、体調を気にしています。
皆さんも体調には十分気を付けてくださいね。

さて、今回ブログの依頼を受け、
テーマが「休日は何をしているの」ということなんですが、
最近はロボット作っていました!ということしかないです。
ロボットというのはPMコンテストに参加していたからなんですが・・・
このことについては他の人が書いているので、今回は違うことを書きたいと思います。
なので私事ではありますが、
ちょっとした近況の変化について書かせて頂きたいと思います。

先日中学時代の部活仲間の結婚式がありました。
それをきっかけに、年に数回しか連絡を取っていなかったメンバーとも
こまめに連絡を取るようになりました。
もちろん、結婚式が終わってからも月に2回はスカイプで長電話をしています。
やっぱり、学生時代の友達は一生ものですね。

地元を離れてしまうと、疎遠になってしまう人も多いかと思います。

しかし、現代!(笑)
どんなに離れていても連絡ができ、懐かしい面々と再会することができます。

学生の皆さんには、ぜひ今の仲間を大切にし、
残りの学生生活を楽しんで頂きたいと思います。
RECENT COMMENTS
MOBILE
PROFILE