Treasure Map

システムサーバーグループの最新情報や社員のことをご紹介いたします!
皆さんの夢をかなえるお手伝いができたら、とてもうれしいです。
<< June 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
社員旅行 その2
皆さんこんにちは、採用活動委員の大須賀です。

梅雨入りしてじめじめとした暑さが続いていますがいかがお過ごしでしょうか。
私は通勤で電車の待ち時間に雨が降りこんでくるのが非常に辛いです。

さて、今回は前回に引き続き社員旅行記 後半編を載せていきたいと思います。

社員旅行_2010_3

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<Sさん>
今年の社員旅行で印象に残っていることを幾つか綴ってみたいと思います。

バスに揺られて最初に着いたのは、白川郷。
そこで昼食をとり、観光もしました。
昼食には朴葉味噌が出たんですが、どうにも火が弱かったらしく、
肉が焼ける前に火が消えてしまい隣の人に私の分まで焼いてもらいました。
味はかなりおいしかったです!

続いて、千里浜なぎさドライブウェイをバスで走りました。
バスが揺れたので何事かと思えば、砂浜へ入っていくので驚きました。
周りからも、「おぉ〜」という歓声が上がっていました。
レストハウスに着くと、皆、砂浜へ直行。
今思えば、いい年して何をという感じなんですが、
砂浜に社名を書いて写真を撮ったり、波と戯れたりと、皆で色々騒ぎました。
一通り騒ぐと、さすがに寒くなって、レストハウスに戻りましたが。

宿での宴会では、今年も新人の出し物に笑わせてもらいました。
「女装でダンス」というのが恒例になってきている気がしますが、
いいのかな?と言いつつ、しっかり動画撮影しました。

二次会はホテル内のお店でやったのですが、
なぜか、他の旅行者の方も巻き込んでの大騒ぎになっていました。
カラオケが1台置いてあって、お店にリクエストすると歌えるというシステムでした。
そこでSSVメンバーが歌ったり、他の方が歌ったりしてました。

で、SSVメンバーが歌っていると、あちらの人がカラオケの前のホールで踊りだ
したり、その反対にあちらの人が歌っているとSSVメンバーが踊ったり…数人が
あちらのおじ様方に気に入られてました。

新人の1人が宴会からの流れで、セーラー服にウィッグ姿(女装)だったので、
学生だと勘違いされていたのには笑わせてもらいました。

2日目は、昨夜の疲れが出たのか、皆1日目より大人しかったです。
まぁ、毎年のことですが。

近江町市場へ行ったんですが、
日曜日だったので、閉まってるお店が多くて残念でした。
それでも、結構、活気があって、雰囲気は楽しめました。

その後は、兼六園で森林に癒され、
かまぼこ工場で皆してソフトクリームを食べ、
バスで爆睡して帰ってきました。

何が一番印象に残っているかと言えば、やっぱり宴会なんですが、
全体を通して、普段は話さないような人とも話したり騒いだりできて楽しかったです。

<Yさん>
社員旅行の醍醐味、
それは普段は滅多に会わない人と話をするチャンスがあることに他なりません。
どうしても、この業界は現場に出ていることが多くて、
自社にいないので、顔を合わせることが少なくなりがちです。

それが、社員旅行ではマルッと二日間、
同じバスで移動したり、同じところに泊まったりと話すチャンスが増えます。
普段だったら「何を話せばいいの?」となってしまうような相手とでも、
旅行先では、観光地・食事など、いくらでも話題は出てきます。
「これ、おいしいですね」
「そうだね。△△くんは、○○がすきなの?」
みたいに、自然と話題が膨らんでいきます。

おまけに、仕事じゃないので「多少」の無茶も許されます。
先輩社員をイジったり、後輩社員をイジったり、自分がイジられたり。

社員旅行を楽しむコツ、
それは「思いっきり楽しんでやろう」という心がけ。

この記事を読んだ人と、一緒に社員旅行に行ける日を楽しみにしています。

<Hさん>
一番印象に残っているのはやはり1日目に行われた宴会です。
去年は出し物をする側でしたが、
今年は見る側ということでデジカメ持参で参加です。

今年の後半組は、女子高生×4に踊りを披露していただけました。
終始シャッターを押しっぱなし!どさくさに紛れて他の方も激写!
写真を撮らせて頂いた皆様ありがとうございました。
先頭にいた女子高生さんについてスカートがチラチラめくれていましたが、
あれはサービス?
さすがにできる"男"は違いますね!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

やはり宴会での新人の一発(?)芸だとか
普段話さない人との会話を楽しみにされている方が多いようです。
新人の出し物はここ数年で変装ダンスが定番となりつつあるようですね。

お酒が入った分無茶をしたりしてますが、打ち解けやすくもなっているので
みなさん普段話さない方とも話したりして交流を深めています。

私も普段は余り喋りませんがお酒が入るとかなり喋るので
いろんな人と会話をして交流を深めました。

このシステムサーバーブログを見ていらっしゃる方とも
社員旅行へ行ける事を私も楽しみにしています。

では、今回はこれにて
社員旅行 その1
皆さんこんにちは。採用活動委員の大須賀です。
梅雨に入りじめじめとし暑くなってきましたね。

今回は5月に行われた社員旅行の前半組2名の方から感想を聞いてきました。

社員旅行2010_1

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
<Sさん>
 システムサーバーでは年に1度前半と後半に分かれて社員旅行へ行きます。
 普段はシフト形態の業務をしている為、なかなか遠出が出来ない私にとっては
 楽しみな行事であります。
 また、私の知っている限りでは
 なかなか社員旅行のある会社というのはありません。
 (実際に現在私の出向いている会社にはありません)

 年に1度社員の方々とおいしいものを食べて
 いい温泉に入り交流を深めることが出来る。
 この点はシステムサーバーのよい点のひとつだと私は思います。

<Hさん>
 今年の社員旅行の目玉は
 なんと言っても宿泊先が『加賀屋さん』ということでしょう。
 テレビなどでもよく取り上げられていて、
 「一度は泊りたい宿」に泊ろう! 
 というのが、今回の旅行のコンセプトでした。

 到着時の出迎えから始まり、部屋では仲居さんが抹茶を点ててくれたりと、
 まさに致せり尽くせりといったところ。
 ロビーや大浴場なども豪華で、旅の疲れも十分に癒せました。

 宿自体の豪華さもさることながら、
 加賀屋さんが高い評価を受けているのは、
 従業員の方々の細やかな心遣い故のものと思います。

 お客様に対して誠意を持って接する。

 言葉では簡単ですが、全員が実現していくというのは
 大変なことではないでしょうか。

 我々の業界も同じサービス業です。
 お客様に対するこういった姿勢をぜひとも見習っていきたいと思いました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

年に1度の大きな行事の社員旅行。
全く交流のない方とも非常に仲良くなれます。
私も毎年いろんな方と交流し、いろいろな方と仲良くなれました。

こういった交流を大事にしているところも
システムサーバーの良い所のひとつですね。

次回は後半の方々の感想を載せたいと思います。
夏場のスーツ事情
こんにちは。採用活動委員の内山です。

とうとう梅雨に入ってしまいました。
じめじめした天気が続くと気分まで滅入ってしまいます。
早く夏になってほしいものです。

さて、夏といえばスーツでの仕事が大変な季節です。

夏はクールビズということでネクタイや上着が不要の場合もあります。
また、ネクタイやネクタイピンなどの小物類を忘れてしまう可能性が
高くなります。

お客様に会うときなどはクールビズであっても
ネクタイや上着を着ないといけないこともあるため、
常にかばんに予備を用意している人も多いと思います。

また、暑くなると汗をかくことが多くなるため、
スーツの手入れの頻度も多くなります。
スーツの替えはたくさん用意しておきましょう。

では今回はこれにて。暑いと思ったら急に寒くなったりと
体調管理にはお気をつけて下さい。
【入社前の不安とその後】
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

  Treasure Map便りvol.58

    【入社前の不安とその後】
      不安だった毎日、充実した毎日
      
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

こんにちは、採用活動委員の小畑です。

何かを始める、何かに参加する時に不安に思うところがあると思います。
そこで、我がシステムサーバーに入社した新人二方に
入社前の不安とその後について話を聞いて見ました

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Iさん>
 学生のときは寮生活だったので騒がしくも楽しい生活でしたが、
 新しい人間関係や新しい生活、仕事など不安がたくさんありました。
 
 研修などを通して同期の方たちとも打ち解けることができ、
 仕事の不安に関しても研修を進めていく中で少しずつ解消されていきました。
 今では、同期や先輩の方とも世間話ができるようになり
 研修や生活などいろいろと大変ですが、
 充実した楽しい毎日を過ごしています。

<Fさん>
 私は入社前、社内の雰囲気に慣れることが出来るかどうか不安でした。
 学生時代は、卒業研究をする際にも、仲の良い友人達と付き合ってきたので、
 自分勝手な行動をしても許されてしまう部分があり、
 他人に迷惑をかけることも多々ありました。
 
 仕事の場では、自分勝手な行動をして周囲に迷惑をかけることは
 絶対いけないと理解はしていましたが、
 同期と一緒にいるとつい学生の気分になってしまうのではないかと
 思っていました。

 現在の入社後の感想としては、
 私としては気をつけることが出来ているのかなと
 思っていますが、どうでしょうか?
 同期、先輩、上司の方のメリハリのある行動を目にしているので、
 良い手本になっています。
 
 これからは自分も手本となるような行動がとれるよう、
 仕事の面でも休憩中の時にでも、メリハリのある行動を心がけ、
 良い雰囲気作りをしたいなと思っています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今年度入社した新人の二方からのメッセージでしたが、
やはり職場の雰囲気になじめるのかが不安だったみたいですね。
私から見ても今では二人ともすっかり馴染んでいるように見えます。
実際新人が充実した毎日が過ごせているのは、喜ばしい事です。
【新入社員研修の感想】
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

  Treasure Map便りvol.57

    【新入社員研修の感想】
      研修から、業務へ
      
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇

こんにちは、採用活動委員の小畑です。

早いものでもう6月。
新人が入社して3ヶ月目になり、
社会人としての生活にも慣れてきたのではないでしょうか。

今回は、先回に引き続き新人の2方にお話を聞きました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

<Mさん>
 先日までは、ビジネスマナーについて研修を受けていました。
 また、今は1部の研修を受けています。
 内容はCOBOLについての学習していますが、
 初めて学ぶ言語なので苦戦しております。
 しかし、講師の方は随時、質問時間を設けていただいたり、
 先輩社員の方々も気軽に質問を受けていただけるので、
 初めて学ぶ事でも気兼ねなく学習しています。
 一日も早く会社のお役に立てるようにがんばります。

<Sさん>
 現在、新入社員研修ではCOBOL言語のプログラミング実習を行っています。
 最初は「コボル?って、なんだ??」という状態でしたが、
 先輩方に丁寧に&大学の授業よりも解りやすく教えていただき、
 今では、プログラムを読んだり作成したりできるようになりました。
 まだまだ解らないところもいっぱいありますが、どんどん質問して、
 はやく業務に就けるように頑張りたいと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2人とも初めてのCOBOL言語に触れて苦戦していた用ですが、
今では手応えを感じているようですね。
研修の内容はほぼ実業務と同じような物をやっているので、
この研修で理解が深まっていけば、実践レベルの成長をしていることでしょう。

新人は手応えを感じて、やる気に溢れているようです。
よく言われる5月病も関係無かったようで、
今はJavaの研修に取り組んでいます。
RECENT COMMENTS
MOBILE
PROFILE