Treasure Map

システムサーバーグループの最新情報や社員のことをご紹介いたします!
皆さんの夢をかなえるお手伝いができたら、とてもうれしいです。
<< December 2007 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【後輩は自分が育てる!】
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
  TreasureMap便り vol.4

    【 後輩は自分が育てる! 】
     自分を育ててくれたように、後輩にもしっかり成長してほしい

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


 今年もわずかとなりましたね。
近頃私は、1年過ぎることが本当に早く感じられるようになりました。

年令によって、1年の感じられる長さが違うという話聞いたことないですか。
5歳の子と50歳の人がいたとします。
たとえば、その人の生きてきた長さを1本のようかんとすると、
それぞれ1年は 5分の1 と 50分の1。随分違いますね。

でも、一日24時間。皆平等にあります。有意義に大切にしたいですね。


これまで新入社員からみた上司、同僚についてお伝えしました。
今回は先輩社員からみた新入社員についてということで、
1年先輩の社員に聞いてみました。


−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−

<第1システム部のTさん>
 システムサーバーの数少ない(?)女性社員です。
 先輩・後輩の女の子と仕事帰りにご飯を食べに行って
 愚痴を話したり仕事の話をしてみたり・・・

 社員旅行では毎年みんなでご当地名物の食べ物を食べ歩いてます☆
 (旅行の写真では、常に食べ物かお酒と一緒に写ってます)

 SEというと男性のイメージが強いですが、女性もバリバリ活躍しています。
 こんな先輩と一緒に仕事をしてみませんか?
 かわいい後輩お待ちしてます!

<第3システム部のYさん>
 システムサーバーは先輩、後輩、上司、役職者に関係なく、
 気兼ねなく話せる会社です。
 私からも後輩に声を掛けることがありますし、
 もちろん、後輩からも気軽に声を掛けてくれます。

 休日には、私の趣味でもある釣りに、後輩を連れて行ったこともあります。
 とても喜んでくれたのを今でも覚えています。

 仕事とプライベートで、良い意味での関係を保ちながら、後輩と接しています。

−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−


仕事を離れると、どっちが先輩?というくらい仲がいいですよ。
とにかく後輩の面倒見はとってもいいです。

先輩社員も最初は新人。
その時に先輩から受けた指導やサポートを
今度は自分の後輩にしていく。

そこには、
しっかり後輩を育てていく風土が自然に受け継がれているように思います。
また、みんなで一緒に成長しようという企業風土と
信頼関係があるからだと思います。

信頼できる先輩がいると、
自分もこうなりたい、こうしていきたいという一番身近な目標になります。

システムサーバーの風通しの良さは、こんなところにも垣間見ることができます。
【同期入社がいるって、活力になる!】
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
  TreasureMap便り vol.3

    【 同期入社がいるって、活力になる! 】
     同期だから話せる。同期だからこそ切磋琢磨できる。

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇


 これから、一雨ごとに寒さも増していきますね。
私は汗っかきなせいか、夏よりも冬の方が好きです。
でも、朝起きるのにちょっと躊躇するようになってきました。
この先が思いやられます。


前回は新入社員と上司の関係をお伝えしました。
システムサーバーの雰囲気をどんな風に感じられましたか。

今度は、同僚との関係について聞いてみました。


−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−

<第1システム部のSさん>
  私の同僚の話をする前に、
  この業界に入る前に私が抱いていた感想を少し書かせていただきます。

  正直なところ、
  IT業界全体やシステムエンジニアやプログラマといった業種は
  女性が少なくて常に張り詰めた感じだと思っていました。
  プログラマはコーディングばかりしてる、そんなイメージでした。

  ですが、実際にこの業界に入ってみて想像とは全然違うことに驚きました。

  業務中でもメリハリがあり、困ったときはすぐに相談できるそんな職場です。

  私の同僚は全員男性ばかりですが、
  同僚とも飲み会を開催したり遊びに出かけたりもします。
  同僚とはON、OFFともに
  楽しく成長していける関係が築けています。

  業務中困った時や意見を聞きたい時にも快く時間を割いてくれます。
  休憩時間には同僚ならではの雑談をして息抜きをしています。

  あまり性別に関係なく話ができるところも
  自慢できる部分ではないかと思います。

<第2システム部のHさん>
  自分はシステムサーバーとしては
  初めて新卒を多く採用した年に入社しました。

  おかげで同期が全員集まると話もはずみ、
  にぎやかな雰囲気になることが多いです。

  また、バラバラの職場でも仕事後に集まって食事をしたり、
  休日に出かけるようなこともしています。

  上司や先輩だと気をつかってしまうことも、
  同期なら気軽に話をしたり騒いだりできる大事な存在だと思うので、
  入社したときには同期の結束を強くしてほしいと思います。

−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−


部署は違っても、
同期の人とは機会をつくっては集まっているようです。

仕事のことだったり、スキルアップに関する情報交換であったり、
時には趣味の話だったり。

同期だから絶対参加・・・みたいなこともないそうですが
時間が会えばみんな自然に集まるそうです。


せっかく出会えた同期の人と、
お互いを高め合っている社員をみてると
うらやましいなあ・・・・・と思います。
【こんな上司だから、目標にできる!】
◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇
  
  TreasureMap便り vol.2

    【 こんな上司だから、目標にできる! 】
     職場の人間関係、気になりますよね。

◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇



みなさんが、就職先を選ぶに当たって、
職場にどんな人がいるか非常に気になると思います。

新入社員の方たちが職場の人についてどう思っているか、
今回は、上司について聞いてみました。

−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−

<第1システム部のMさん>
  私がシステムサーバーに入社して驚いたことは、
  上司やリーダーがすごく若かったことです。
  歳が近いため疑問質問があった時など気軽に非常に話しやすいです。
  そして、若くしてSEやリーダーの仕事をこなす先輩達は、
  入社してすぐに私の目標になったのは言うまでもありません。

<第3システム部のOさん>
  面倒見が良く、仕事で分からないことはとても丁寧に教えて頂けるので、
  知識を吸収しやすいです。
  また、気安く話しかけてもらえるので仕事以外の話もしやすく、
  休日に職場の方で集まって釣りに行くこともありました。
  仕事上では良い見本であり、目標となっています。

−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−☆−★−


いいことばかり並べて本当にそうなの?
っていう方には、ぜひそんな様子を見せてあげたいです。


部下を育てていくのもリーダーの役目。
リーダーも自分の業務をもっているので、
業務後に熱心に指導しているリーダーの姿をよく見かけます。


早く成長してもらいたい、というリーダーの思い。
そして、少しでも多くのことを学び取りたいという新入社員。
お互いの向かう方向が一致しているので、
必然的に信頼関係もでき、新入社員にとっての目標となるのでしょう。


上司とも何でも相談できる関係にある。
仕事には厳しいけど、仕事を離れると和気あいあいとした雰囲気がある。
それがシステムサーバーです。

社内研修がありました
11月29日(木)9:15〜17:30 社内研修がおこなわれました。

講師は、第2システム部のYさん。
受講者は9名と研修の様子を見にきた上司のI副主任。

研修内容は、「プロジェクトマネジメントの基礎」
  ・プロジェクト管理
  ・システムの構成管理
  ・ソフトウェアの品質保証
  ・システムの評価の基礎

8月1日〜3日に受けた社外研修を社内に展開するための研修でした。

何やら、ピンとこないかもしれませんが。(内容についてはさておきまして)

研修開催の一ヶ月位に開催通知が全社員あてにメールできます。
参加したい人は、上司又はプロジェクトのリーダーに参加の許可を得て、
業務の調整して参加します。

私たち社員はスキルアップには非常に意欲的です。
研修中は、説明途中であっても疑問を感じたらすぐ質問が飛び交います。
その質問にも講師の山本さんは的確に応答していました。
(みんなが説明に納得しているようなので、そう感じました。)

みんな真剣そのもの(当り前ですけど)

社内研修071129


研修終了後、講師を務めた山本さんにインタビューしてみました。

(私) 研修を開くにあたり大変だったことはなんですか?
(講師)1日中話しっぱなしで、ノドが痛い!!・・・即答(笑)
(私) そうですよね。どうもお疲れ様でした。他にありますか?
(講師)3日分の研修資料を1日分にまとめるのが、ホントに大変でした。

でも、研修したことをもう一度見直すこと、そして教えることで
しっかり自分のものにできたようです。


次に、受講者の方たちにもインタビューしてみました。
(私) この研修に参加した目的は何ですか?
(受講者)・プロジェクトマネージャーとしてのスキルを身につけたかった。
     ・プロジェクトマネージャーとしてのスキルをつけるのが、
      1部の年度計画にあるので。(自分たちで立てた計画です。)
(私) 講師の研修の進め方はどうでしたか?
(受講者)・とてもわかりやすい説明でした。
     ・塾の講師みたいでした。
     (実際、塾の講師したこともあるそうです。なるほど!とみんなで納得)
(私) 研修を受けた感想は?
(受講者)・広範囲の内容で、非常に視野が広がった。
     ・今回の研修で学んだことを、
      一つずつ業務の中で実践できるようにしていきたいです。

最後に、今日はお休みのところ山本さんが研修をするということで
彼の研修振りを見に来た上司の井戸福主任より研修の感想をうかがいました。

研修の進め方、話の仕方、質問に対する応答など
とくに問題なく、とてもいい研修でした。
僕にはできません。  (エッ・・・!)  (笑)

研修後、たくさんの事が吸収でたという満足感でいっぱいのようでした。

みんさん、お疲れ様でした。


研修の様子、リクナビにも掲載しています。ぜひご覧になってください。
フォトアルバムはこちら↓
http://rikunabi2009.yahoo.co.jp/bin/KDBG08700.cgi?KOKYAKU_ID=1743997001&ALBUM_ID=5&MAGIC=

人事担当者ブログはこちら↓
http://rikunabi2009.yahoo.co.jp/bin/KDBG08400.cgi?KOKYAKU_ID=1743997001&MESSAGE_ID=8&MAGIC=

RECENT COMMENTS
MOBILE
PROFILE